※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

アニメ第6話「おまえンち」 感想

前回予告編を見たとき、マリアさんが白皇に潜入したシーンが出ていたので、この話まで行ったら、相当、話すっ飛ばされるのではと心配しておりましたが、次回まで持ち越したので、思ったほどのこともなくヨカッタ、ヨカッタ・・・。(=^_^=)

原作ではすっかりご無沙汰のヒムロが久々に見れるかと思ったら、1話同様、あっという間に消えてしまいましたね。別にスルーしても構わないエピソードといえばそうなんですけど。

3日で100万円・・・のマリアさんの金銭感覚。(笑)

しかし、大金を持っていたばかりに、人のいいハヤテは、困っている人を放っておけず逆に窮地に・・・。普通の人間ならこんなことはありえませんが、不幸さ加減は誰にも負けないハヤテならではの展開・・・。

まあ、災い転じて福となる。(?)途方に暮れているハヤテにヒナギクの救いの手が・・・。あとはほとんど原作どおりですね。

それにしても、ヒナギクのお母さん若すぎ〜〜〜。(^^;)あんな感じの人なので、見た目を若くしたのでしょうか?

そしてもうひとつ突っ込みたかったのが、原作では生徒会室に制服を置いている(おいおい! (≧v≦))ということで、次の日の朝、ヒナギクと一緒に生徒会室に行って着替えていたハヤテですが、アニメではそういうシーンがなかったのに、わざわざ生徒会室に行って美希と出会ってしまいました。ヒナギクの家に泊まっていることを内緒にしたいのに何故こんなところに2人でいるのか・・・。

つうか、ハヤテファンとしては「それなんてエロゲ」は、入れて欲しかったなぁ〜〜><v・・・って、そこかい!!

ほぼ原作準拠だったので、原作と比較しなければ・・・というか比較しても、普通に楽しめましたが、1箇所だけ残念だったのが、ナギの

「マリア・・・なんだ、、その不気味なコスプレは・・・」

というセリフがなかったことです。 でもって、マリアさん「誰がコスプレですかーーーーー!!」とお怒りモード。

マリアさんは、普通なら制服を着ている年令で、美人さんで・・・当然制服姿も美しい!

でも、落ち着きがあって貫禄があって、黒くて、周りから17歳に見られていない・・・だから自分で何かにつけて17歳であることを強調している・・・というマリアさんのキャラづけ。細かいことかもしれませんが、マリアさんが制服を着た場合、知っている人間から見たらヘンなコスプレに見える・・・知らない人間から見たら超美人の学生に見える・・・っていうところ、はずして欲しくなかったです。私的には・・・。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119436887

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。