※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

アニメ第9話「乙女心が求めるものは・・・」感想

今回は、ワタルに恋するシスターのお話と、牧村さんの言葉に恋人探しをしようと思い立った桂先生のお話の2本立てですね。

前回も書きましたが原作2話分なので、少し付け足しがあった以外、原作どおりで、可もなく不可もなくといった感じでした。

それにしても、1期でやったお話をはずして、原作の順番どおりにやると、メインヒロインであるはずのナギの出番がホント少ないなぁという気が・・・。(=_=|||)

ヒナギクや西沢さん関連の恋のお話が続いて、いきなり今度は、長いスパンで見ない限りあまり物語とは関係なさそうな、シスターとワタル、桂先生と薫先生ですから・・・

前回の感想で、今回も原作2話分なのでカットとかされる心配がなくてよかったと書きましたが、こうして考えてみると、同じ1話完結でも、先の方のナギやマリアさんがメインのお話を持ってきたほうが・・・という気がしてしまいました。(=^_^=)ずっと連続性があったのが、1話完結の話が入って、目先が変わったことは私としてはよかったと思いますが・・・

まあ、それぞれのキャラクターにファンがいらっしゃるので、いろいろなキャラクターが活躍するお話があるのもバラエティに富んでいていいと思います。が、それは1年間ぐらいやるんだったらで、もし2クールくらいで終わるのだったら(よくわかりませんが、なんとなくこの飛ばし方はそんな気が・・・。夜中の番組ですしね・・・。)、順番どおりにやらなくてもいいのではと思うのですが・・・。つまり、今回のようなお話は入れるにしても、もっと後回しにして、まずは、このアニメの中心人物について固めるのが先ではないかな〜っと・・・。

確かシスターは、白皇学院五つの伝統行事でワタルと組ませるためワタルに恋する役どころにしたようなことがBSに書いてあったように記憶しているのですが・・・(ワタルを参戦させるには、パートナーがサキさんでは、ハヤテはじめ他の面々に対抗できないので)そういう意味では、このお話は必要なお話ですけど、まだ原作にすらそういうお話は描かれてないですからね〜

ところで、「架空の杜」さんの226話感想のところに、最近の原作のお話に出てくる登場人物はアニメとリンクさせてあるのでは?という記事がありまして、なるほど、色々計算されている畑先生のことなので考えられますが・・・しかし、そうだとしたら、その所為でどっちを見てもヒナギク、ヒナギクという、アンチヒナギクを生み出しかねない論争を生み出したわけで・・・( ̄~ ̄;) ウーン

あっ、でもでも、それだったらアニメとリンクさせて、やっぱ虎鉄君も出してくださいよーーー(笑)

ハヤテがミコノス島に行ったという情報を仕入れて、泉ちゃんの執事なので執事はお嬢に付いていなくては・・・とか理由を付けて駆けつけるのだ〜〜〜(≧▽≦)

・・・って、ただでさえ長い海外旅行編ですから、これ以上関係ない話はムリですな。とほほ(T_T)

次回はいよいよアテネの声優さんが明らかになるんですね♪

私も、畑先生は林原めぐみさんのファンということなので、思い入れのあるアテネにとご希望されているのでは・・・と思いましたが、成体の方をイメージされているとなると、違うかなぁ・・・なんて。私のイメージだと子供の声の方が、めぐさんイメージあいそうかなぁ・・・なんて。

なんにしても次週が楽しみですね。また3話分みたいなので、多分前半部のお買い物エピソードがある程度カットされるんだろうなと予想・・・。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120758812

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。