※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

アニメ第11話「ヒナ祭りの頃に」感想

meido-hayate1.jpg前回、BGMについて今期はいまいち〜と書いたのですが、そう言った矢先、この回は新旧取り揃えてな感じで、まずまずだったと思います。

・・・が原作3話半分は、前々から書いているようにやはり急ぎ足であちこちカットされる運命で・・・。前回も3話分だったのに特に気にならなかったのが不思議だったりして・・・。そんなわけで、ちょっと説明不足なのではと思う点がちらほら・・・。(実際)原作を読んでいない方は、勘違いされていたり、疑問に思われている方もいらっしゃるようで・・・)

まず私が気になったのが、ナギに勉強を見てもらっていたというハヤテが、成績が悪くて落第しそうだと言いつつヘラヘラしている態度に、ヒナギクが怒るシーン・・・。原作では「私の誕生日プレゼントを選んでいて落第したなんていうことになったら許さないわよ。」みたいなセリフを言うわけですが、アニメでは単に「落第なんかしたら許さないわよ」みたいなセリフになっていて・・・。

まあ、多分ヒナギクが怒っている理由は、自分が毎晩ハヤテのことが気になって悶々としているのに、当の本人は・・・ということで、なんとなくムカついただけなんでしょうから、プレゼントうんぬんは、会話の流れから出てきたセリフで、ヒナギクが怒っている理由とは関係ないので、必要ないということなのかもしれません・・・。

でもプレゼントのことに触れていないアニメの方だと、落第するしないはハヤテの問題であって、ヒナギクから「許さないわよ」とか言われる筋合いのものではなく・・・普通の人なら「はっきり言って大きなお世話」と言い返されそうなセリフだと思います。まあ、ハヤテはそんなこと言う子じゃないし、ナギもヒナギクの迫力に縮こまってましたから・・・。 問題ないといえば問題ないのでしょうが、ただこれだと、ヒナギクが「何様!?」っていう感じにとれてしまうと思うのでした。

ところで、恐れをなしてハヤテの後ろに隠れているナギがめちゃくちゃかわいかったです♪

次に、ヒナ祭り祭りの話ですが・・・。アニメでは前日から1日中、祭りの準備で人がたくさんいるという説明が飛ばされていたため、何故ハヤテはわざわざ人出でにぎわっているお祭りの最中に時計塔に向かったのかという疑問を持った方もいらっしゃるようで・・・。

それから、虎鉄・・・原作だと野々原と会話をしているシーンがあって、白皇の生徒であり執事であることがわかるようになっていますが、アニメは唐突に現れ、一目ぼれにも唐突感があって、なんだかなぁ・・・でした。そんなわけで、原作を知らない方は薫先生だと勘違いされている方もいらっしゃるようで・・・。言われてみれば確かに間違えそうですね。もう虎鉄だってわかって見ているから、私はそんなこと思いもしませんでしたが・・・。(=^_^=)

以上はカットされてわかりづらかったのでは?と思う点でした。

で、今回もまた言っちゃいます。・・・原作では笑えるのに、どうして笑えないんだろう?・・・(汗)トリビア・・・。こういう話って、タイミングとか演出とかを上手にやらないと笑えないと思うので、難しいのかもしれませんが・・・しかし、あのハヤテのギクシャクした動きからして、どうにかして欲しいなぁ・・・。確かダンジョンの話のときにも感じたことなのですが・・・。

まあ、こちらは省略されまくりで前置きのような感じになってしまって・・・で、メインはヒナ祭り祭りのお話ということですね。

一番待っていたお話の1つですよ。//><//

どちらかのブログに1期の絵で見たかったとありましたが、同感っっ!!・・・っていうか、私は1期のスタッフの方で見たかったですね。

そもそも私がハヤテに嵌ったきっかけはアニメ1期にたまたま出会ったこと。勿論、初めに見たのが原作にあるお話だったのが幸いだったのかもしれません。、ほとんど一目惚れでしたね。で、原作も読んでみたくなり・・・というわけで、オリジナルの回はいまいち〜な話が多かった1期でしたが、原作にあるお話は、原作で読んで知っていても面白かったので・・・。

多分最初に見たのが2期のような作りだったとしたら、私の場合、嵌ることはなかったと思います。(汗)となると今ごろは、夢中になれるものもなく、違った人生歩んでいたかも・・・。(=^_^=)

・・・と、ついつい1期と比較してしまうと不満が出てしまうのですが(2期の方がよいというご意見もいろいろお見かけするので、好みの問題ですけどね)、話を切り替えて・・・きゃっほーーー\(>○<)/待ってました!!ハーマイオニーたん♪キラキラ演出に、このお話のメインヒロインに対するスタッフの力の入れようが伺えて、嬉しい限りです。(≧▽≦)

まあ、なんだかんだ不満を書きましたが、ヒナ祭り祭りの方は、虎鉄の登場シーンが省略されたことを除けば、だいたい原作どおりで楽しめました。ハーマイオニーは勿論、咲夜や伊澄等、他のキャラたちもかわいかったし・・・。

そういえば、また比較してしまうけど、1期はオリジナルストーリーなんかで、(原作ですらあまり登場しない男性キャラを時々出していたけど、2期はカットする一方っていう気が・・・。(>人<)

このヒナ祭り祭りのエピソード・・・今回3話半分を詰め込んで、最後は時計塔のエピソードだけを1話かけてやるという配分なんでしょうか?まあ、あの辺りは好きなお話ではありますが・・・

じっくりやってくれるというなら、それは嬉しいことですが・・・ただ今回の省略のされ方を見ると、もっとうまい配分はできなかったものかなぁと・・・。まあ、まだ先のことなので、憶測でモノを言ってもしかたありませんね。(汗)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。